スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

BAD25

スパイク・リー監督の「BAD25」
マイケル・ジャクソンのアルバム「BAD」25周年を記念して作られたドキュメントフィルム。その中でアルバム「BAD」が作られていくプロセスを関係者、マイケル自身によって語られている。

1987年のアルバムBADから7枚目のシングルカット「Smooth Criminal」が1988年リリースされた。映画「Moon Walker」のワンシーンでも有名なのだけど、当初この「Smooth Criminal」を見たときに、私はFred Astaireの「Band Wagon」(1953年)を思い出していた。

Fred Astaire、私の尊敬するタップダンサーでミュージカル映画時代のスーパースターである。マイケルジャクソンもジャネットジャクソンも尊敬していたことは知っていた。 

「Smooth Criminal」は「Band Wagon」と同様に酒場に現れて踊るという設定。
白いスーツに白いソフト帽、青いシャツに青い靴下というスタイルも同じで、一緒に踊る女性も赤いドレスの女。
マイケル自身もタップのステップを踏むシーンがある。



「BAD25」のドキュメントフィルムでマイケルが「Band Wagon」を参考にしていたメモ書きが紹介されていた。「フレッド・アステアに対するオマージュである」と関係者も述べている。
そして、マイケルが手書きで「Smooth Criminal」の衣装のジャケットに腕章をつけるというラフな絵が紹介されていた。
マイケルはこの腕章がお気に入りでその後もよく衣装に付けていた・・しかし、「BAD25」では理由まで説明されていなかった。

私は気になって調べた。

フレッド・アステアへのオマージュ。

フレッドアステアは1899年生まれ、88歳で肺炎によってこの世を去っている、1987年6月に。
上記したが、「Smooth Criminal」は1988年リリースされた。
アステアが亡くなった翌年にリリースされていたのである。

衣装の腕章は、単なるデザインではなく、亡くなったフレッド・アステアに対する喪章なのではないだろうか。
その為に彼は、同じスーツを着て、同じ帽子を被り、青いシャツ、青い靴下を身につけて、腕章をつけたのではないだろうか。
これは、勝手な憶測だが、私はそう思い込んでいる。
なんだかすっきりした。
(私も1987年にフレッド・アステアが亡くなった時に、同じ肺炎で死にたいとライブで冗談めかして言ったことがある)

私がダンスの影響を受けた2人マイケル・ジャクソンとフレッド・アステア。

マイケル・ジャクソンが影響を受けたダンサーがフレッド・アステアというのは、感慨深い。
関連記事
スポンサーサイト

Tag:ダンサー  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

tapmiz

Author:tapmiz
水口知宏
長崎タップダンススクールSHUFFLE.T代表
長崎市在住
タップダンス歴29年
20代東京でダンス活動
代官山プロダクションに一時在籍
(天宮良、爆風スランプ、TopS 等在籍)
バックダンサーとしてPVやテレビ、コンサートなどに出演。
その後「ECNA-D」を結成。
原宿の歩行者天国から始まり、舞台、テレビ等出演
3か月ごとの自主公演をメインに海外公演にも参加。
日中青少年交流センター杮落しの公演に参加(with 北京舞踏学院のダンサー)
ソビエト連邦 カザフスタン共和国
ロシア音楽祭に唯一日本人グループで参加
グループ解散後長崎へ

2000年よりダンスマスターズのタップ講師として現在も活躍。
2009年、大浦諏訪神社奉納踊りの構成・演出・振付を担当。
他のスタジオやイベントにゲスト出演なども現在も活動を行っている。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。